nagasaki football associationJFA NAGASAKI

トップページ > お知らせ

お知らせ

【4/1なでしこ】臨時託児室開設利用申込のご案内2018-03-05

2018年4月1日(日)トランスコスモススタジアム長崎1Fキッズルームにて、臨時託児室を開設いたします。つきましては、『MS&ADカップ2018』なでしこジャパン(日本女子代表) ガーナ女子代表での観戦者の方に限り、お申込みくださいますようご案内申し上げます。

 

<臨時託児室の環境>

1. 開設日時 : 4月1日() 1300 ~ 1600 

2. 預かり対象: 1歳半 ~ 5歳以下(201841日時点)

※親御さんから離れても大丈夫なお子様

※利用時間内でも、お迎えをお願いする場合がございます

※当日のお申込みは状況によってお受けできない場合がございます

 3. 預かり場所:

 トランスコスモススタジアム長崎 メイン側1F キッズルーム

 (正面受付に向かって左側) 

 

4. 利用料金 : 無料

 

 事前お申込み期限は『3/26(月)18時まで』空きがある場合に限り当日対応いたします。

※お申込み方法等の詳細につきましては下記よりご確認ください

~DAZN presents~ V・ファーレン長崎J1開幕戦パブリックビューイングの実施について2018-02-19

■日  時 平成30年2月24日(土)14:30~18:30まで

■場  所 長崎県庁1階 エントランスホール(長崎県長崎市尾上町3-1

■収容人数 約500名(椅子席約100席、立ち見約400人)

■趣  旨 J1に初参戦するV・ファーレン長崎2018シーズン開幕戦の湘南ベルマーレ戦において、V・ファーレン長崎を多くの県民とともに応援するためパブリックビューイングを実施する。

■主  催 長崎県、㈱V・ファーレン長崎

■協  力 DAZN

■内  容 対戦相手:湘南ベルマーレ

      キックオフ:16時

      試合会場ShonanBMWスタジアム平塚

■観戦方法 入場無料

 

■注意事項 1.県庁駐車場は有料(30150円)となりますが、台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用くださいますようお願いします。

      2.パブリックビューイング以外で来庁される方がいらっしゃいますので、メガホンなど大きな音が出る物や横断幕・大型フラッグなどによる応援はご遠慮ください。

      3.飲食はできますが、アルコール類の持ち込みはご遠慮ください。また、庁舎内は禁煙です。

      4.ゴミは各自で持ち帰ってください。

5.階段での観戦はご遠慮ください。

      6.満員の場合、入場をお断りさせていただくことがありますので予めご了承ください。

      7.当日は会場の混雑が予想されますので、係員の指示に従ってください。

      8.当日のインターネット環境によっては、映像を受信しづらい状況となる可能性がありますので、予めご了承ください。

担当課:スポーツ振興課

電話番号:095-895-2781 県庁内線2781

担当者名:本田、島本

 

 

 

 

V・ファーレン長崎J1開幕激励パレードの開催について2018-02-09

V・ファーレン長崎J1開幕激励パレードについて下記のとおり開催いたします。

<日時>

平成30年2月18日(日)13時00分から14時00分

<場所>

出発式:長崎市立諏訪小学校グラウンド(長崎市諏訪町)

パレード:ベルナード観光通り及び浜町アーケード(長崎市浜町)

出発式会場に駐車場はありませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

<趣旨>

J1に初参戦するV・ファーレン長崎2018シーズン開幕に向けて、激励パレードを開催する

<主催>

V・ファーレン長崎激励イベント実行委員会(長崎県、長崎市、長崎県商工会議所連合会、長崎県商工会連合会)

<協力>

株式会社V・ファーレン長崎、一般社団法人長崎県サッカー協会、長崎女子商業高等学校、長崎市立諏訪小学校、長崎浜市商店街、長崎浜市観光通商店街

<後援>

V・ファーレン長崎支援長崎県議会議員懇話会

※詳細はこちら

フットボールカンファレンス2018 in 長崎2018-01-14

※1/14 当日の写真を掲載いたしました。ギャラリーはこちらから

 

県内サッカー関係者等を一堂に会し、『長崎県サッカファミリー』の結束を高めるとともに、指導者・審判員等の資質の向上を図ることを目的に本カンファレンスを開催します。

日時:平成30年1月14日(日) 10:00~17:00、受付9:00~

会場:佐世保市体育文化館5F(ホール)

 

<講師>

島田 信幸(九州地区統括ユースダイレクター)

森山 佳郎(U-17日本代表監督)

髙田 明(株式会社V・ファーレン長崎 代表取締役)

内山 篤(U-20日本代表監督)

山口 隆文(JFA技術委員 指導者養成ダイレクター)

 

詳細はこちら

周辺駐車場のご案内

『大切に思うこと』長崎新聞1/11(木)掲載2018-01-11

 リスペクト

~とりまくすべてのものを『大切に思うこと』~ 

 

日本サッカー協会(JFA)、Jリーグでは、サッカー、スポーツの社会的役割を強く自覚し、2008年度より、サッカー界におけるリスペクトの重要性を認識し、リスペクトプロジェクトを開始しました。

リスペクトの本質を、常に全力を尽くしてプレーすること、そしてそれはフェアプレーの原点であるととらえています。仲間、対戦相手、審判、指導者、用具、施設、保護者、大会関係者、サポーター、競技規則、サッカーというゲームの精神、それらサッカーを取り巻くあらゆるいろいろな関係の中でとらえていきたいと考え、「大切に思うこと」としました。

「フェアで強い日本を目指す」。リスペクトは、世界からも認められた日本が誇る価値です。日本人らしさを出して戦っていくことが大事です。それがサッカー、スポーツの価値を高めていくことにつながります。こういったことはまさに今の社会に必要なことです。社会からサッカーが尊敬され、サッカーが文化となる。サッカーから、スポーツ、そして日本社会にこういった価値観を広めていきたいと考えています。

 

ページ内記事一覧
  1. < 前へ
  2. 次へ >

ページの先頭へ